FC2ブログ

Rev.後のメタゲームブレークダウン

capture_revo02_dmr19-fl01b$.jpg


このカード、テキストを読めるやつを用意した方がいいんですかね…。

いやぁ早いもので、本日2/7をもちまして22歳となりました。おめでとうございますありがとうございます。
今年一年も実りのある年にしていきたいものです。
さて、2/7と言えば僕の誕生日…ということもあるんですが、DMPにとっては待ち遠しいはずのものがありますよね?そう、次世代WHF(ワールドホビーフェア)大阪。
今回はそれにちなんだ記事を、いつもとは違うテイストで書いてみようと思います。



さて、WHFと言えば今までに、殿堂解除が2回ありましたね。どれも昔懐かしいカードです。

【雷鳴の守護者ミスト・リエス】
【ディープ・オペレーション】
【パシフィック・チャンピオン】
【予言者ローラン】
【炎槍と水剣の裁】

【凶星王ダーク・ヒドラ】
【龍神ヘヴィ】
【アクア・ハルカス】


う~ん、正直僕はヘヴィ以外使い道があんまり思いつきませんが、まあカードパワーのインフレ問題を打開するためには殿堂解除というのは解答の一つですね。これからが楽しみです。


さて、今回問題として取り上げたいのは2/7のWHF大阪、そして2/14のWHF福岡。
どうやら、ここでさらに禁断の特報と称して、何かしらの動きがあるみたいなんですよ。

そして巷で噂になっている、【新殿堂】
どうやら新殿堂の発表があるのでは?という声が多いみたいで、それならばと今回、今現在の環境を細かく見つつ殿堂カードの予想をしてみようかなと思いましてね。折角の機会なので、やってみようと思います。



ではまず…。
【赤単レッドゾーン】
環境で一番多いように感じます。確かに最近、草食系男子の増加に伴い肉食系女子も環境に上がってきているので、妥当なところでしょう。
問題なのは、殿堂級のカードがあまり存在しないこと。
レッドゾーン系女子は、知り合ったその時からガンガン攻めて攻めて、そして受けが軟弱な草食系男子にダイレクトアタックするというスタイルですが、なんと殴っている途中に複数の侵略を行ってきます。レッドゾーンZによる突然の急接近、ターボ3による尽きない話のネタ、そしてレッドゾーンによるこちらの言い分の除去。
どれも一線級で、経験が浅い男子はすぐに落とされるでしょう。
さらには最近、ドキンダム搭載型が主流になりつつあるので、あんまりホイホイと応じていると、突如こちらの考えが全て封印されてしまい、敗北が決まってしまいます。

しかし、殿堂に漕ぎ付くカードがないのは、経験豊富な男子及び草食系の頂点に君臨する天門系男子を素手で落としにかかっても超えることができないからでしょう。やはりこの辺りのレベルに勝とうと思うなら、相手の弱点を突く武器というものは必要になるのです。今回の殿堂話からは除外していいでしょう。


【黒単ヘルボロフ】
正直一番厄介だと感じています。序盤はこちらの行動を遠回しに制限してくることで、外堀が埋められてしまっています。
ハンデスによるこちらの話題除去や摩狼月下城による打点除去によりがんじがらめに。
そしてヘルボロフ降臨。降臨まではじわじわときていたものの、ウェルカムヘルが出た後は相手の攻撃の度に相手の墓地に落ちていたはずのワガママや無茶な要求等が復活。しかも多い。とてもじゃないけど処理しきれません。こちらの堪忍袋の緒が切れるが先です。

殿堂をかけるならこのヘルボロフ系女子から、右脳左脳である2枚のウェルカムヘルを1枚に規制するか、気の強さの根源であるヘルボロフ、もしくは万能の言霊「男女平等(魂喰いの摩狼月下城)」を出してくるいやらしいニンジャリバン。ここしかないでしょう。ネチネチとくる女性は決して印象が良くはないですね。


【赤緑モルトNEXT】
これは女性では珍しいパターンですね。一度好きになった相手にまずは迷わずハートバーンワンショット。
一筋縄では行きそうにない男子には、モルト覇を絡めて環境から変えていく。
そして何より、ジャックポット・エントリーが選択肢と行動の速さを後押ししています。
ある程度整った土壌は必要なものの、告白する時もフラれる時もあっさりしているので、好印象な方が多いですね。
弱点は赤単レッドゾーン系男子。自分より早くゴリゴリ押されると、メンデルスデートを2回成功させないと速度的に劣ってしまいます。

殿堂をかけるなら選択肢を狭めるためにジャックポット・エントリーかデートの回数を減らすためにメンデルスですかね?ここだけは予想ができませんが、放っておくと間違いなく環境最強になるので何かしらかかるでしょう。


【緑青黒デッドゾーン】
デッドゾーン系女子は最近出てきたばかりですが、いわゆるサークルクラッシャーもとい、腐女子が多いようです。
このタイプは未知数ですねえ。とりあえず執念がすごいことと、拒んでも何度も突進してくることがわかっていますが。
まだ出てきたばかりなので殿堂とまでは行かないかもしれませんが、間違いなくヤバいタイプです。


【白青ヘブンズ・ゲート】
赤単男子やNEXT男子の猛攻を全ていなし、相手のガードを解くことなくいつの間にかモノにしている、正直かなり危険なタイプです。
一度ヘブンズ・ゲートが決まってしまえば、尽きることのない慈愛心で相手は籠絡され、無条件で勝敗が決することでしょう。う~ん、危険。
弱点は黒単系男子。序盤から外堀をじわじわ埋められてしまうと、成すすべなく敗北してしまいます。そう、ヘブンズゲートだけではなく、ミルザムとエメラルーダという弾薬が必要なのです。

しかし相手のガードを崩すことなくモノにしてしまうというのはやはり危険です。弾薬の片割れである、ミルザムもしくはエメラルーダをかけるなら殿堂にしますかねえ。


【赤緑白青刃鬼】
かなり根強く環境にいる古参。その実態は、環境に適応するために形を少しずつ変化させることができる女子。生命の神秘ですね。
今では調和と繁栄の罠で環境に増えている脳筋男子を監禁しつつ、サイクリカで延長し、刃鬼を出して相手の精神を崩壊寸前まで追いやったところでモノにする…というプレイスタイル。
かなり危険ですが、監禁さえされなければ怖いものは何もありません。しかし法的にはグレーなので、何かしら殿堂がかかるんじゃないですかねえ。

デッドゾーン系女子、型によってはNEXT系女子も被害を被るかもしれませんが、かけるとすればやはりサイクリカでしょう。監禁を回すのはまずい。


さてここまで読んだ皆さん、長らく茶番に付き合って頂き、ありがとうございます。
これを書いているのが誕生日直前の夜なんですが、いい歳した男がなにやってるんですかね…。
わりと殿堂考察は自分が考えているものをまとめたつもりです。殿堂発表までの余興としては、悪くないかな?

さて、ではこれから1年も精進していきますが、今年度はまだ2ヶ月残っていますからね。CSにもそこそこ参加する予定なので、どこかでタイトルをぶんどってみたいですね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けみー

Author:けみー
けみーです。大阪でDMやってます。

御用の方はこちらまで

TwitterID
@Kemy_dm27

Mail
kemy.myn4427@gmail.com

訪問者数
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる