僕が見てた春アニメの総括

0 0
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15e150de.jpg



最近環境をふと見返したら、グレンモルト、キューブ、墓地、ハンデス、ビッグマナ・・・あれ?殿堂施行前とほとんど変わってない(;;;´◔‿ゝ◔`)ってことに気付いてしまって、モチベが低下気味なんですよ。
なのでここらで気分を入れ替えるために、僕が見てた春アニメの総括でもしてみようかなあ、と。
今年の春アニメはいつも見てた数の倍ぐらいアニメみてたからそれなりに充実してました。




img_20140316T223146562.jpg

【魔法科高校の劣等生】
かつて「超能力」と呼ばれていた先天的に備わる能力が「魔法」という名前で体系化され、強力な魔法技能師は国の力と見なされるようになった。20年続いた第三次世界大戦が終結してから35年が経つ西暦2095年、魔法技能師養成のための国策高等学校の一つ、国立魔法大学付属第一高校に、エリートとして将来を約束された「一科生」の妹と、その補欠である「二科生」の兄が入学した時から、卒業するまでの物語である。

四葉家という秘密主義の家系の次期当主候補として将来を縛られた妹・深雪と、そのガーディアンとしてやはり束縛されている兄・達也が、自分たちの自由を掴み取ろうとする物語が大筋となっている。兄妹の高校在学期間を舞台とし、「優等生」も「劣等生」もひっくるめた、学内・学外を問わない多数のキャラクターの物語が繰り広げられる。



・2クールものなので今も絶賛放送中です。主人公が最強のアニメ。今まで見た感じではま~あ悪くない。
一応最後まで見るつもりではいます。とりあえず保留ですね。


og.jpg

【ニセコイ】 ☆☆☆
10年前、一条楽は一人の少女と出会う。短い時間だったが、2人の間には幼いながらも愛情のようなものが芽生えていた。そして少女との別れの時、彼女は「ザクシャ イン ラブ Zawsze in love」(愛を永遠に)の言葉と共に彼に錠を渡す。彼女は言う。「いつか私達が大きくなって再会したらこの『鍵』でその中の物を取り出すから、そしたら――結婚しよう」と。

錠が開かないまま時が過ぎて10年後、高校生になった楽は転校生の少女・桐崎千棘と出会う。最悪な出会いの後、親のいいつけで「千棘と3年間、恋人同士になってもらう」ことになり、驚愕する楽。こうして2人の「ニセコイ」生活が始まった。しかし千棘との付き合いの中で「もしかしたら、彼女が『約束の女の子』なのでは?」と感じるようになるのだが、楽のクラスメート・小野寺小咲もかつて知り合ったある少年との間の「約束の鍵」を持っており、彼女にとっての「約束の男の子=楽」かもしれないと感じるようになる。途中からは、鍵を持つ三人目の女性・橘万里花が登場する。



5月末で終わったので忘れがちですが、一応春アニメの期間で終わったということで。
以前に冬アニメの記事を書いた時にもチラっと紹介しましたかねえ。とりあえず原作は結構前に全巻揃えたんですが、まあ面白かったです。
アニメはそうですねえ。シャフトって感じなんですけど、まあ区切りはよかったんじゃないですかね?OVAとかも原作コミックに付くらしいのでそちらの展開にも期待ですね。


fcf86ece.jpg

【一週間フレンズ】 ☆☆☆☆
高校生・長谷祐樹は、いつも一人きりでいるクラスメイトの藤宮香織と仲良くなりたいと思い、彼女に近づこうとする。しかし、彼女はそれを頑なに拒む。その理由は、「1週間で友達との記憶を失くしてしまう」から…。

だが、それでも祐樹はひたむきに、香織との仲を紡いでいこうとする。祐樹の親友でクールな桐生将吾や、天然系の忘れっぽい性格の山岸沙希との交流を通して、香織は少しずつだが友達のことを記憶できるようになっていく。



なっかなかよかったです。最近気が付いたんですけど、僕はバトルもの云々も見れるんですが、日常アニメの方が好きらしい。
主人公の長谷くんがちょ~女々しくて見るの途中でやめようかとも思ったんですけど、途中からストーリーの核心に触れる展開になってきて、中々楽しむことができました(๑╹◡╹๑)


5e84c978.jpg

【ブラック・ブレット】 ☆☆☆☆☆
西暦2021年、突如世界中に出現した寄生生物「ガストレア」に敗北した人類は、ガストレアを退ける金属「バラニウム」で作られた巨大な壁「モノリス」を建築し、モノリスで囲われた「エリア」の中でガストレアから身を守りながら生活をしていた。
時と共に世界情勢は変化し、2031年の東京エリア、希に外から侵入するガストレアの排除を業務とする「民間警備会社」(民警)の1つ、幼馴染である天童木更が経営する「天童民間警備会社」で働く里見蓮太郎は、大した仕事もなくジリ貧の生活を送っていたそんなある日、珍しくやってきた仕事により通報を受けた部屋に突入すると、荒れた部屋の中に燕尾服の男が立っていた。

男と一陣の戦闘の数日後、東京を治める最高責任者である聖天子により数多の民警が招集され、東京を壊滅しようと目論む燕尾服の男こと蛭子影胤の計画を阻止する依頼が言い渡された。
これまでに無かった強敵が東京を侵略しようとする中、蓮太郎は相棒かつイニシエーターである藍原延珠と共に死戦を繰り広げる。

そしてそんな戦いの最中、蓮太郎はガストレアという存在にまつわる謎、陰謀、そして自らの存在意義を追うことになる。



個人的今期ナンバーワンです。最初1話の冒頭を見たとき、「うわあ・・・こういう虫とかグロイのが全面に出てくるのはちょっと・・・」って思って見たんですけど、1話が終わる頃にはハマってましたね。

実際ロリロリしたところと、虐殺やいじめ等のどシリアスなギャップがとてもいい。
原作の方は知り合いに借りて6巻まで読んだんですけど、5、6巻はとてもよかった。久しぶりに軽く鬱になりました(´◔‿ゝ◔`)
ちなみに既刊7巻なんですけど、7巻を読んでいない理由は単純にその知り合いが読んでいなくて借りれないからです(´◔‿ゝ◔`)


e530500c-s.jpg

【ノーゲーム・ノーライフ】 ☆☆☆☆
『  』(くうはく)――それはあらゆるゲームで連勝を重ね、どんな手段を使っても勝てないとされる天才ゲーマーの名前だ。あらゆるゲームで無敗の記録を持つことから一部では都市伝説とされている。その『  』の正体である空と白は、ある日「生まれてくる世界を間違えたと感じたことはないか」と書かれたメールを受け取る。世界を「クソゲー」と呼ぶ『  』の答えを聞いたメールの送り主・テトは『  』を自分の世界へ召喚する。そこは『  』が夢見ていた、この世の全てが単純なゲームで決まる世界――盤上の世界(ディスボード)だった。異世界に飛ばされた『  』は偶然降り立った地に暮らす元王族のステファニー・ドーラから人類種の現状を聞かされる。人類種は他種族から追い詰められ、最後の都市・エルキアを残すのみとなっていた。

現実世界ではヒキコモリだった『  』。果たして『  』は異世界で人類種の救世主となることができるのか。――"さあ、ゲームをはじめよう。"



中々よかったですね。こういう頭を使う駆け引きみたいなものは心を惹かれます。
想像の斜め上を行く思考力、あとヒロインもなかなか◎。
主人公最強の設定も悪くないけど、個人的には成長していく感じの方が好きなのかもしれない。


img_1.jpg

【ご注文はうさぎですか?】 ☆☆☆☆☆
高校入学を機に木組みの家と石畳の街に引っ越してきたココアは、下宿先を探して道に迷う中、ラビットハウスという名の喫茶店を発見する。名前からうさぎだらけの喫茶店に違いないと思ったココアであったが、そこにいたのはチノという小さな少女と、ティッピーというモフモフとしたうさぎだった。コーヒーを飲みながら、下宿先の場所を尋ねるココアであったが、なんとラビットハウスこそが自分の探す下宿先であることが判明。お世話になる家に奉仕をするという高校の方針から、ココアはラビットハウスの店員として、そしてチノの“自称”姉として働くことになるのだった。


今期の日常最強枠でした。イラストがとてもよくて、見てるだけでぴょんぴょんできるから最強です。
誰推しかと言われるとチノちゃんですね。真ん中の子ね。

このアニメは、リアルタイムで身内とスカイプをしながら観ていたので、終わってとても悲しいです・・・。
のんのんびより二期はまだですかね・・・(´◔‿ゝ◔`)


snapshot20140510111110.jpg

【悪魔のリドル】 ☆☆☆
ミョウジョウ学園に存在する、特別な時期にしか開講されないクラス・10年黒組。そこに、1人の女子高生を暗殺するべく12人の女子高生が刺客として集められた。10年黒組へ編入した一人の暗殺者東兎角は、暗殺対象と伺える一人の女子高生・一ノ瀬晴に心を惹かれ、暗殺者として編入してきたのにも関わらず守護者として彼女を守り、暗殺者11人と対峙する決意を固める。一人一人の暗殺者と対峙していく毎に”一之瀬晴”に自分にない”何か”に心を惹かれていった。そして、その過程の中で”東兎角”の過去や”一之瀬晴”の一族についても触れられていく…。一体、この黒組には暗殺以外でどんな意味があるのだろうか…?それを分かっているのはきっと……………。



原作が既刊2巻ということで、アニメオリジナルの展開だったのかな?よくわからないけど、終盤はすごく楽しんでみてました。
個人的にみおちゃんかわいかったですね。
最後のオチはまあともかく・・・、中々良かったのではないでしょうか。OPの空耳も◎。


b4426ff7.jpg

【ジョジョの奇妙な冒険-スターダストクルセイダーズ-】
第二部『戦闘潮流』から50年後、1987年の日本から物語は始まる。ある日突然スタンド能力が目覚め、困惑している承太郎のもとに、祖父・ジョセフとその友人・アヴドゥルが訪れる。その直後、復活したジョースター家の宿命の敵・DIOの邪悪な波動の影響により、承太郎の母親・空条ホリィは危篤状態に陥ってしまう。母親を救うためには約50日以内にエジプトに潜んでいるDIOを見つけ出し倒すしか手段はない。承太郎は仲間とともにエジプトを目指す。その一方でDIOはジョースター一族との因縁に決着をつけるため、エジプトから忠実な部下や雇った刺客、さらには肉の芽を用いて洗脳したスタンド使いたちを承太郎たちに差し向ける。



これ、原作は全部読んで知ってるんですけど、4クール使って放送するらしいですね。たまげたなあ・・・。
ジョジョのアニメは一応1部、2部も見たんですけど、やっぱり3部からが好きって人も多そう。個人的には波紋バトルも好きなんですけどね。
まあ、これから1年はお世話になるので保留ですね。



こ~んなもんでしょうか!ぬわあああああんちかれたもおおおおおおおん!
と、春アニメは中々豊作だったと思うんですけど、夏アニメがイマイチ何を見たらいいかわかんないんですよね。今見てるのSAOぐらいなんですよ~。
誰かいいアニメあったら教えてください。できれば2期じゃないやつね(´◔‿ゝ◔`)
関連記事
ページトップ